So-net無料ブログ作成

ペニンシュラ東京エグゼクティブスイート(3) [-ペニンシュラ東京]

お部屋紹介のラストは「バスルーム」回りになります。

P1010905.jpg

ドレッシングルームの奥に位置するバスルーム、ご覧のとおりバスタブの向こうから外の景色が飛び込んできます!

P1010906.jpg

通常タイプのお部屋ではこうはなりません。
コーナーデラックスのお部屋以上に限って提供される「ビューバス」、ペニンシュラ東京の場合は低層階だと周りの建物と向かい合ってしまうこともあるのですが、ここは21階。何とかセーフ!って感じ、向こうの方まで景色がちゃんと見えます。
すぐ向こうのビルの屋上で作業をしていたりしなければ、堂々とシェードを開けて、明るい中でのビューバスを堪能できます。



P1010959.jpg

バスタブ、サイズは一人で入るならばもちろん十分足を伸ばして入ることができます。
でも、2人同時は、かなりきつきつになってしまうでしょうね。(仲のいいカップルなら、それもありかも~♪)

P1010960.jpg

ここにもスイッチ類がたくさんあります。
ブラインドの開閉、緊急用のエマージェンシーボタンと並んでTVやインターネットラジオのスイッチ、さらにはハンズフリーフォンの操作、そして、もちろんライトダウンもできちゃいます。
そして、ここのお勧め、「SPA」のボタン。
このボタンを押すと、バスルームのライトが落ち、ムードのある曲がBGMに流れて、夜長気持ちのいいバスタイムを堪能できるというわけです。

P1020079.jpg

照明が落ちた状態なので、ちょっとわかりづらいですが、SPAボタンを押した後のバスルームはこんな感じです。
ブラインドを完全に落とすと、本当にムーディーな雰囲気たっぷりです♪

P1010961.jpg

そのバスタブ左側に位置するのはシンク、そしてその向こうにはハンズフリーフォンとTVモニター。
ちなみにシンクは当然のようにダブルシンク。このホテルはバスルーム以外にドレッシングルームにも大きな鏡がありますから、3人同時にお化粧直しをしても大丈夫です(笑)
そして、このクラスのホテルにはもはや不可欠なTVは、のんびりバスタイムを楽しむには最適です。

P1010962.jpg

サイズは15インチくらいでしょうか。もちろん、バスタイムにはしっかりと使わせてもらいました^^

P1010966.jpg P1010967.jpg

バスタブの反対側にはシャワーブース。当然のことながら、レインシャワーも標準装備と至れり尽くせりです。
シャワーブースでよく困ってしまうのが、お湯がブースの隙間から外に漏れてしまい、外が水浸しになってしまったりするホテルがあること。でも、こちらはそんな心配ありませんでした。かなり勢いよくシャワーを浴びても、ほとんど水は漏れませんでした。

P1010969.jpg

シャワーブースの反対側にはトイレが。もちろんウォシュレット標準装備です。
ここにもハンズフリーフォンが付いてます。そして、トイレの脇にも「PRIVACY PLEASE」のボタン。
考えてみれば、トイレに入っているときにいきなり訪ねられてきても出られませんからね。何気にこれはありがたいかも…

P1010968.jpg P1010965.jpg

バスアメニティはDAVI(ダヴィ)、日本では聞きなれない名前ですが、ペニンシュラが導入一号となってます。
カリフォルニアのワイナリーオーナー、ロバート・モンダヴィの一族が手がけるスキンケアライン。ぶどうの抗酸化作用に着目した数々のアメニティは、アンチエイジングに効果の高いものらしいですね。シャンプーやコンディショナーだけだと、その効果がどの程度のものかはちょっと何とも言えないですけど…
(ちなみに、Made in Chinaです)
その他のアメニティは、右の写真のように小箱に入れられて整然と引出しの中におさめられてました。

P1010958.jpg

バスローブも2着、サイズ違いのものがあります。着用写真は後ほど~^^;

P1010953.jpg

バスルームの正面にはごらんのようなクローゼット。1泊ステイの自分が持ってきたジャケットとかを掛けるだけじゃ、全然物足りないです、というぐらいの大きさです。

P1010955.jpg

浴衣も男女それぞれに用意されてます(左が男性用、右が女性用です)

P1010956.jpg

この手のホテルにこれも欠かせない傘が2本。
でも、そもそもこういう所に泊まる人って、雨の日に傘を使うようなところに外出するんでしょうか?

P1010970.jpg P1010971.jpg

そして、こちらのスペースが、これもおなじみの「バレーボックス」。
新聞やランドリーなどの受け渡しはここで行われます。この中に洗濯ものを入れて、ボタンを押すと、ものの数分で取りに来てくれます。わざわざ受け渡しをしなくてもいいのは、のんびり過ごしたいときにはいいですね。

P1020118.jpg P1020119.jpg

持ってきた靴を磨いてもらおうと思って、夜遅くにここに入れておいたら、本当に数十分でこのように返却されてきました。
JOHN LOBB流の「靴のお手入れ方法」が付いてくるあたりが、なかなか小技が効いています^^


以上で3回に渡ってのエグゼクティブスイートのお部屋紹介は終わりです。
ペニンシュラ東京の世界、ご堪能いただけましたか?


(つづく)


ザ・ペニンシュラ東京のご予約はこちらから


nice!(39)  コメント(22)  トラックバック(1) 

nice! 39

コメント 22

da-kura

おぉ!

機能的!

アーバン!

by da-kura (2009-11-03 00:22) 

gorosan5670

いいですね、”SPAボタン”。
ムードがあって憧れますね。
住んでみたいゲストルームです。

by gorosan5670 (2009-11-03 01:13) 

ram

ビューバス良いですね!

by ram (2009-11-03 06:42) 

うさぴん

アメニティがまた楽しみなんですよね〜
はじめて聞くブランドです。よい香りなんでしょうね〜
by うさぴん (2009-11-03 08:14) 

ゆうみ

ビューバス 憧れるけど 自信のない身体をさらけ出してしまいそうで
恥ずかしくて入れない(´・ω・`)
by ゆうみ (2009-11-03 13:54) 

umiko

備品がなんでも二つ いいなぁ~
乙女勝手に妄想中♡
by umiko (2009-11-03 17:11) 

好(ハオ)くん

チビの私だったら、この浴槽で泳げそうです(笑)
by 好(ハオ)くん (2009-11-03 17:46) 

cloud9

ペニンシュラーーーー!
さすがペニンシュラ、ゴージャスです♪
い〜なぁ〜、一度は泊まってみたいっす。。。
by cloud9 (2009-11-03 21:34) 

pica

SPAボタンとは、やりますねv
視力の悪い私には15インチのTVでは見えないのが残念(^_^;)
by pica (2009-11-03 23:26) 

こうちゃん

シンプルでいいね。
by こうちゃん (2009-11-03 23:26) 

ムク

なんと豪華な~(@_@☆
by ムク (2009-11-03 23:27) 

citron

泊まるならビューバスのお部屋いいですね。
次はビューバスのホテルの部屋に泊まりたいです。
いろいろと趣向を凝らしているあたりはさすが
ペニンシュラですね~♪クローゼットの大きさも凄いし
入れるのがなくてもゆとりは嬉しいですね。私も入れる
物ほとんどないです(笑)
by citron (2009-11-03 23:39) 

chunta

両側にシンク 面白いね
傘があるのも面白いな~
部屋には無くて フロントにあるのは知ってる 笑
ジュースみたいなアメニティに
SPAボタン  良いねぇ~~(^^)ニコ
by chunta (2009-11-04 00:33) 

abika

おしゃれなバスルーム~^^
ハイビジョン?と思ったら外景が見えるんですね。
SPAボタン~nice! です♪♪
by abika (2009-11-04 01:15) 

gyaro

ビューバス、すごいいいですね!
なるほど、電気を消せばより雰囲気が出るわけですね☆
電気を消して入るお風呂ってなかなかないですもんね~♪
by gyaro (2009-11-04 04:12) 

baby_pink

ビューバス&SPAボタンいいですね☆
やっぱりバスタイムって一番心地よく過ごしたい
時間ですから、ささっとでちゃおう! って思うような
バスは、逆に疲れてしまったりしますよね。
クローゼットも広いですね~♪
いっぱいお気に入りの洋服持って、一か月くらい住みたいです^^
プリティーウーマンみたい・・・夢・・・(笑)

by baby_pink (2009-11-04 10:54) 

雅

おされなバスルームですね~
でも日本人の自分は旅館の大浴場の方がいいと思ってしまう。
やっぱこういう高級ホテルは似合わないようです(T_T)
by (2009-11-04 17:29) 

One-for-you

どこでも Door の如し、どこでも SPAボタン が欲しいです!w
あぁァ~うらやましい♪
by One-for-you (2009-11-04 23:32) 

gorosan5670

しんりゅうさんのブログを拝見して、
ザ・ペニンシュラ東京のPeterバーに行ってきました!
フォアグラ入りコロッケを食べてみましたよ。
美味しいですね。
他にはないモダンな雰囲気が気に入りました。
http://gorosan5670.blog.so-net.ne.jp/2009-11-05

by gorosan5670 (2009-11-05 00:11) 

きゅんぱち

いやぁ〜、ゴージャスですねぇ。
順次、時間が取れ次第、過去記事拝見とまいりますので…。
(^ー^)
あ、それはそうと、パナのLX3、ファームウェアアップデートだそうですね。
もうお済みですか?

老婆心ながら(笑)、みつなりさんのブログに詳細情報がありますのでリンク張っときます。

http://mitsunari.blog.so-net.ne.jp/2009-09-28
LUMIX DMC-LX3 最新ファームウェア公開!

では。
(^ー^)/
by きゅんぱち (2009-11-05 01:35) 

sak

最高のバスルームですね
SPAボタンを押してゆっくり入りたいです
by sak (2009-11-09 01:44) 

しんりゅう

みなさん、ご訪問、nice!&コメント、ありがとうございます!
レスが早すぎると、その後にコメをいただいた方へのレスがほったらかしに
なってしまう…と思い、数日経ってからのレスをした方が、と思い、何ヶ月か前から
このスタイルにしてきたのですが…そもそも半月経ってもレスがないというのは
さすがに申し訳ありません!

今回はまとめレスにさせてもらいます!

ビューバスは個人的にも魅力的で、ホテルの部屋選びの重要なポイントです。
入り口から撮影するとabikaさんのコメントにあったとおり、映像が写っているかのような感じさえしますよね。
ただ、ここのビューバスは、階層によっては前のビルとにらめっこ状態にもなりそうですので、フロアチョイスは欠かせないですね~

そして、SPAボタン!
自分で調光するのもいいんですが、ボタンひとつでムードが変わるってのは非常にいいものです♪
ペニンシュラ東京は、お部屋の雰囲気も「MOOD LIGHT」というスイッチひとつで変えることができるなど、リラックスするに最適な環境ができてます。
もうひとつのSPAボタンのメリット、プライバシー確保、というのもありがたいですね。

DAVIのアメニティは、持ち帰って、今は石鹸を使っています。
確かに普通の石鹸と比べ、ほのかな香りがするのに加え、肌のしっとり感もちょこっとアップしているような…今はロクシタンのシアバターソープと交互に使用中。
他のも使ったら、どこかでレポしますね!

ホテルのお風呂って、どうしても人によっては不要なもの、かもしれませんが、
お風呂の効能である「リラックス」「疲れを取る」ということに加え、「後で洗う手間がない!」っていうのも、もしかしたらそのひとつかもしれません。
いい気分でお風呂を楽しんでも、自宅だと結局自分で洗わなければいけないですから…洗わなくていいお風呂、という感じで楽しんでみてはいかがでしょう?


最後に、きゅんぱちさんへ
DX3のファームデータ情報、ありがとうございます!
先日アップロードしまして、パワーアップしました~♪
(機能が使いこなせるかどうかが微妙ですが^^;)

by しんりゅう (2009-11-16 00:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。