So-net無料ブログ作成

Champange Breakfast…ザ・ウィンザーホテル洞爺での朝食 [-ザ・ウィンザーホテル洞爺]

ちょっと憧れでした。

DSC02917.JPG

朝陽がまぶしいこのテーブルで、シュワッ!と泡で、一日を始めましょう。





朝日が眩しい洞爺での朝。

DSC02898.JPG

前回記事でも書きましたが、洞爺湖上空が雲に覆われていても、標高の高いこの地は雲の上に位置しているので、晴れ渡った空が堪能できるんです。
景色を見るにはちょっと残念なのですが、こういう角度だと、そんなに雲があるようには見えませんよね。

さあ、今日は出発の日、そして、昼前からスパの予約を入れているので、朝食は早めにいただいてしまいましょう。

DSC02902.JPG

ホテル2階の「ギリガンズアイランド」。
このギリガンズアイランドって、アメリカでTV放映されたテレビドラマのタイトルだそうです。ギリガン君という主人公(?)とその他のメンバーが乗った船が大洋の孤島に座礁して、そこからの脱出を図ろうと奮闘するコメディなんだそうですが、もう50年近く前のドラマなので、知ってる人も少ないような…
だから、入口にこのような「舵」が置かれているんですね。

DSC02931.JPG DSC02932.JPG

DSC02929.JPG DSC02928.JPG

でも、そういうことだと、ここは「アメリカンレストラン?」と思ってしまうのですが、実は「フレンチ」のレストラン。もっとも、フレンチカジュアルと謳っているので、お値段もリーズナブル。ディナーコースでも最高が1万円ぐらいなので、先日ご紹介の「ミシェル・ブラス」と比べれば、気軽に訪れることのできるダイニングです。
そんなこちらが、朝の朝食会場になっています。
ちなみに、和食を希望される方は割烹「杜氏賛歌」のメニューが、1階の特設会場で用意されるみたいです。

DSC02912.JPG

窓際の、日差しがまぶしい席に案内してもらいました。
日差しがまぶしいといっても、きちんとブラインドを下ろしてくれるので、問題ありません。
サミットテラスのある側が眺められ、窓の外には綺麗な「緑」の敷地が広がり、リゾートの朝という感じがぷんぷん漂ってきます。

DSC02903.JPG DSC02904.JPG

こちらの朝食は、ビュッフェタイプではなく、ジュースやパン以外のメニューはテーブルにサーブされてきます。

DSC02905.JPG DSC02911.JPG

いつもならジュース、なんですけど、北海道に来たならば、「やっぱ、牛乳」でしょ1
赤井川村、山中牧場の牛乳が、大きなボトルに詰められてごそっと置かれています。冷え冷えなので、目覚めの朝には最高ですね。
そして、パンも凄いです。

DSC02907.JPG

ごらんの通り、大きなテーブルの三方に、様々なパンが並べられています…
と思ったんですが、上下はそれぞれ同じパンでした(^^;
食パンも、こちらのテーブルとは別に用意されていて、トースターももちろんあります。

DSC02913.JPG DSC02915.JPG

クロワッサンがふわふわでサクサクしてるか、が、自分の中でホテルのパンの良し悪しを見るひとつの基準なんですが、こちらのホテルは合格レベルですね。バターの香りが食欲をそそります。やはり、美味しい牛乳やバターから作られるパンは、美味しさが増しますね。

DSC02918.JPG

最初に、テーブルにヨーグルトとフルーツコンポートがサーブされます。
そして…待ってました!

DSC02922.JPG

オープニングの写真でご紹介の通り、こちらの朝食はベースが「シャンパン・ブレックファスト」。
正確には「スパークリングワイン」ですが、なんとなくシャンパン、って表現したくなります。
お目覚めのシャンパンが別オーダーしなくても、このように振る舞われるのは何だか凄く得した気分です。
(もちろん、アルコールがだめな方やお子様には、別のドリンクが用意されるみたいですが)

DSC02925.JPG

テーブルにサーブされたのは、オムレツ、ソーセージと温野菜の付け合わせ、そして、グリーンサラダになります。
卵料理は、オムレツの他にスクランブル、フライド、ポーチド、ボイルドのうち一種類、肉料理はこの他に自家製ベーコンと美瑛産ハムからも選べます。
ビュッフェでがつがつ、というのも悪くないですが、最近お腹周りにお肉が付きやすくなってきたので、あらかじめ決められた量で用意された方が、これからの年齢にはいいのかも…(お恥ずかしいですが^^;)

DSC02926.JPG

それぞれの素材はシンプルですが、北海道だからということはないんでしょうけど、美味しさが違うのは、洞爺のこの雰囲気がそうさせるのかもしれませんね。

外を眺めながら、いつものようにビュッフェをウロウロ(写真撮るために)歩き回るでもなく、落ち着いての朝食は、非常に良かったです。
和食は今回経験できませんでしたが、こちらのダイニングでも間違いはないように思います。

DSC02937.JPG

部屋に戻って、洞爺湖付近を撮影、と思いましたが、ご覧のとおり、雲に覆われてしまっています。
これ、飛行機の上から撮った写真みたいですね。

DSC02952.JPG

でも、雲が切れたあたりは、ごらんの通り森の緑に、朝陽が当たって輝いています。
霞んだ感じなのは、窓ガラスが曇っているから。失敗作かな、とも思いましたが、なんとなく日差しの感じが柔らかに見えるので、これでいいか…と思って(苦笑)

DSC02957.JPG

この日の洞爺湖畔のあたりの天気は曇り、だったようです。
この場所だからこそ感じることのできる「光と晴れ渡る空」、
何だかとても幸せな気分の朝でした。


(つづく)


ザ・ウィンザーホテル洞爺のご予約はこちらから


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 4

baby_pink

ふわっふわのオムレツおいしそう.。
清々しい朝、キリッと冷えたシャンパンでお目覚め^^素敵ですね~♪
今朝、私はしゅわしゅわ炭酸水ですが、美味しかったです。笑
パンの種類も豊富なんですね。おいしそう。
雄大な景色を望みながらの朝食。今日もいい日になるゾ!って元気になれますね。
by baby_pink (2014-09-11 08:25) 

ゆうみ

ここすごく いい。
朝ごはん ゆっくり腰を下ろして食べたいの。
ビュッフェは 落ち着かなくていや。
景色を堪能しながら 味わって食べるって最高。


by ゆうみ (2014-09-11 10:57) 

みち

ひとつのお皿で、卵料理とソーセージと温野菜の組み合わせは
イギリスのホテルで頂いた朝食のようです。
その組み合わせが気に入って、休日の朝食は
お洒落ぶって真似て作っていたのを思い出しました^^
ふわふわのオムレツがとても美味しそうです。
by みち (2014-09-12 01:23) 

One-for-you

ジュワッと^_^
by One-for-you (2014-09-21 22:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。