So-net無料ブログ作成

男子にはちょっと寂しい…FS椿山荘スパ「悠」(2) [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

素敵な空間、フォーシーズンズホテル椿山荘東京のスパ「悠 Yu」、お待ちかねのトリートメントです。

IMG_0251.JPG IMG_0252.JPG

施術を受けるゲストは、左の写真のようなバスローブ(紙パンツ付)、そしてスリッパが渡されます。
スリッパ、普通のものと比べてもらえばおわかりのとおり、かなり大ぶりでふかふかです。


IMG_0253.JPG

そして、バスローブも普通のものより数段ふかふか!おまけに大ぶりです。
(細身の自分が着用すると、かなりだぶついているのがおわかりいただけますか?^^;)

ラウンジに出向き、本日のセラピストMさんによるカウンセリングから入ります。
ここのメニュー量は豊富で、男性専用メニューだけでも14種類のラインアップがありますし、全部で50種類以上の中からチョイスするのはけっこう大変なもの…

この日はスパの終了時刻が普段よりも早い20時。(通常時は22時までやっています)
なので、その前の時間のことを考えると、選べるコースはおのずと90分程度になってしまいます。本当はフェイシャルも受けてみたかったのですが、最近スパ来訪の頻度が下がっている自分、ここはしっかりと身体をほぐしてもらいたい!ということで、男性向けメニュー「デイストレス・マッスル・リリース・トリートメント(90分)」をセレクトすることにしました。

同じようなメニューで女性も受けられる「リストア&リリース」もあって、電話で違いを聞いてみたんですが、スタッフの方もイマイチ違いがきちんと説明できないようで…予約時にはこちらを選んだはずなのに、ホテルについてからの「スパ手配書」にはこの「デイストレス・マッスル・リリース・マッサージ」と…
きっと、大きな違いはないんでしょうね。(お値段も同じです)


で、ここまではいいのですが、この後がちょっと寂しくなってしまうんです…

P1020403.jpg

バスローブを羽織ったまま、スパの入り口を出てエレベーターホールを抜けて案内されるのがこのお部屋。
ちょっと無味乾燥な感じは「スタッフルーム?」と思ってしまいたくなる印象。
このホテルのある文京区の条例で、「施術エリアは男女明確に分ける」ことが定められているそうで、男性エリアはほぼ蚊帳の外に…
これ、ここのスパの最大の不満点です。

スパを数年前にリニューアルした時、国内随一のスパを造ろうとし、実際にその期待に違わぬスパが出来ているのですが、ここだけは完全に見誤ったようです。
一瞬だけ気分が冷めてしまうんです。

女性の皆さんにとっては「ほぼすっぴんでバスローブ一枚のエリアに男性がいること自体が許されない!」というご意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますし、そういう方々のご意見も考慮して、ということになるのかもしれません。それはそれでよくわかるんですが…やはり寂しいなぁ…

ちなみに、ここのスパの売りのひとつ、「スパスイートルーム」。
専用アウトバスとヴィシーシャワーを備えた「湧水(YUSUI)」や、緑に囲まれたアウトバスを備えた「落水」「流水」のスイートはいずれも女性用のお部屋になってます。
せっかくの「ウリ」も、男性にとってはどうにもならない、というのが悲しい…

椿山荘TR.jpg

(悔しいので、写真だけフォーシーズンズのHPからお借りしてきました…)


叶わぬ夢をいつまでも語っていても仕方ありませんので、スパの外のトリートメントルームへ向かいます(笑)

IMG_0260.JPG

トリートメントルームに入ると、衝立(しっかりとしたもの)を挟んで、ご覧のようなトリートメント用ベッドが一台。
決して狭いわけではないけれど、優雅にという感じとはちょっと違います。
救いは、男性専用ルームということで、粧材なんかも男性用のものが備わっていたり、雰囲気もちょっとだけ男性に向けた感じをつくれるというあたりでしょうか。

IMG_0254.JPG

いきなり汚い足でごめんなさい(^^;
まずはこうしてフットバスに入り、足を温め、洗いながら今日の施術の流れとリクエスト事項をお話します。

IMG_0257.JPG

ちょっとブレブレですみませんが、こちらが本日使う粧材です。
アロマテラピー・アソシエイツ社のマッサージジェル&オイル「DE-STRESS」です。
…ん?これって、普段自分が家で使っているのと同じですね!

仕事帰りで身体が疲れているとき、肩や腰を中心にこのジェルを使ってマッサージすることがよくあります。
ラベンダーやローズマリーの香りと、軽やかな爽快感が非常に気に入ったジェルなんですが、名前に「DE-STRESS」とあるとおり、筋肉疲労をほぐすのに非常に効果が高く、本日のトリートメントはこれを使います。
ちょっとだけですが、新鮮味が薄れてしまいました。(だって、家でも使ってるから^^;)
普段と違った粧材で味わえない世界を…と思う自分にとっては若干物足りないかも。

IMG_0259.JPG

壁面に飾られている「Elemis」のトリートメントにしておけばよかったかな…

などとぼやいても仕方ないので、フットバスが終了し、早速マッサージに入ります。

うつ伏せになっての背面マッサージからスタートするのですが、身体にまず前述のマッサージジェルを塗り(凝りをほぐし、身体をちょっと温める効果もあります)、その後でオイルを使ってのマッサージになります。
このジェル、最初塗るとき気持ちいいんですよね~^^

マッサージ自体はスポーツマンの方の筋肉疲労やリハビリにも効くというだけのことはあり、しっかりとしたストロークで、でも指圧とは違った速めのマッサージになっていて、身体がほぐれていくのがわかります。
コリがひどい肩甲骨周りは、あまりにひどいせいかほぐされても物足りず「もうちょっと強く」とお願いするほどだったのが自分でもちょっとびっくり…本当に身体、やばいなぁ…

そこまで凝りのひどくない人にとっては「痛い」ぐらいのレベルかもしれませんので、これはやはり「男性」向けのトリートメントですね。逆に、スポーツを普段してなくても、日夜仕事で疲れている男性にとってはお勧めですよ。

IMG_0261.JPG

もう途中からは、いつもの通りの「睡魔」が襲ってきて、何ともいえない心地よさの中、90分のトリートメントはあっという間に終了。
身体を起こして肩を軽く叩いてもらうんですが、そのあたりまで頭の中は「ぼ~んやり」とした感触が残ってました。


IMG_0263.JPG

(なので、ラウンジに戻った直後の写真がぶれてしまっている…わけではありません^^;)

IMG_0262.JPG

ラウンジに戻り、温かいハーブティーとフルーツでトリートメントの感想をMさんと話しました。

IMG_0265.JPG

このラウンジではスパキュイジーヌならぬ、スパ専用の食事も楽しめますので、ここでずーっとのんびりしても良いですね。

P1020408.jpg

非常に落ち着いたこの空間、たとえトリートメントルームが離れていても、やはり魅力的です。
女性の皆さんには是非お勧めの空間ですね!

さて、トリートメントが終わった後…

IMG_0264.JPG

フロント前に置いてあったこの「Elemis」のセットが妙に気になっていました。
聞けば、これはいわゆる「コフレ」にもなる、メンズグルーミングのセット。5種類のアメニティが入っていて、それぞれ買うよりもお値段が安い、いわゆる「お得セット」です!
(ただし、18,000円… 円高な今は、海外まで出向いて買えば、もっとお得になりそうですが^^;)

P1020518.jpg

あれ~(^^

P1020521.jpg

そう、買ってしまいました^^;

左から

 ディープクレンズ フェイシャルウォッシュ(200ml、4,200円)
  ミントの香りがさわやかな、男性向けの香りの洗顔料。

 スキンスーズ シェイブジェル(150ml、4,725円)
  海藻エキスと植物オイルが、髭そりに敏感な肌を落ち着かせてくれるシェーブジェル。
  (シェービング用は他にフォームタイプのジェルとシェイブオイルがあります)

 シャープシャワー(50ml、非売品。販売価格は250mlで5,775円)
  アロエ等を配合したシャワージェル。

 タイムディフェンス アイリバイバー(15ml、9,450円)
  目もとにハリと潤いを与えてくれるアイクリーム。

 タイムディフェンス リンクルディレイ(15ml、非売品。販売価格は50mlで13,650円)
  肌を守りながら、保湿レベルを高め、乾燥ジワを目立ちにくくするエイジングケア。

アイリバイバーとリンクルディレイの2品は、非常にクリーム自体が濃厚で、ちょっとの量でしっかりと肌になじみますので、毎日継続して使っていくと、いつまでも若々しい肌を保つことができそうです。

エレミスのトリートメントは女性向けに3種類、そして男性向けにも1種類用意されてます。(いずれも32,000円/75分もしくは60分)
機会があれば受けてみたいですね!(でも、お部屋はちょっと寂しいけど…)


(つづく)


フォーシーズンズホテル椿山荘東京のご予約はこちらから


nice!(35)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 35

コメント 15

ram

え~っ初耳です。
ホテルのある文京区の条例で、
「施術エリアは男女明確に分ける」ことが定められているんですか~。
ちょっと寂しいですね。

豪華な「Elemis」のセット、いかがでしたか~?
毎日つやつやでいられそうですね!
by ram (2009-12-11 00:43) 

abika

すてきな~スパスイートルーム~
数少ない女性優先の空間~うれしいです^^ (ごめんなさい…^^;)
次の東京出張の時に行ってみたいです♪♪
by abika (2009-12-11 01:24) 

お茶屋

たしかにそれはちょっぴり寂しい・・・ですね><:
by お茶屋 (2009-12-11 10:03) 

ゆうみ

確かに寂しいけどすっぴんゆるゆるの姿は見られたくないよん。
この顔面塗装の下は守秘義務で溢れてるのだもん
by ゆうみ (2009-12-11 11:21) 

lilium

お家でもお手入れされているなんて!!
しんりゅうさんのスパの記事に説得力がある理由が
わかりました^ ^

お肌が乾燥する時期・・・
わたしも頑張らねば♪
by lilium (2009-12-11 12:45) 

baby_pink

確かに女性ルームを拝見させていただきんましたが
外にも専用バスがあって源泉かけ流し温泉がセットされてました♪
思わず、ここで宿泊できちゃいますね!って…私言っちゃいました(..*)

確か男性にお部屋はフロント入り口にある、アノ扉の奥でしたよね?
確かに…ちょっと寂しいですよね。。条例とはいえ、もうちょっと改善されると
うれしいですね ^^
by baby_pink (2009-12-11 12:57) 

gyaro

こうゆう時の睡魔ってきっとめちゃくちゃ気持ちいいんでしょうね~!
肩から肩甲骨のコリは永遠のテーマになりつつあります^^;
by gyaro (2009-12-11 16:11) 

ムク

そういうことだったのですね・・・。
しんりゅうさんの記事を読んでもらうと、改善しなきゃっ!って思うのにね(^-^)
by ムク (2009-12-11 21:03) 

gorosan5670

居心地が良さそうなラウンジですね。
こういう場所でゆっくりしたいです。

by gorosan5670 (2009-12-12 00:53) 

きゅんぱち

あぁ〜、お得セットは買って正解でしょうな、うん(^ー^)。
by きゅんぱち (2009-12-12 02:01) 

kachan

夢のような空間ですねー。
私もこんなところで疲れをとりたいでーす。

by kachan (2009-12-12 07:02) 

みみちゃん

こんにちは。
顧客に十分な満足感を与えられないサービスというのは、改善の余地ありですね。
お金を取っている以上、言い訳は許されない!!
by みみちゃん (2009-12-12 08:10) 

こうちゃん

うーん、柔道着かと・・・・汗
by こうちゃん (2009-12-13 00:00) 

さがちゃん

スパやエステではあ~『女性で良かった~♪』と思うことが多いです。
ごめんなさい...(^-^;)
スパ好きの男性が増えて改善されるといいですね。
でも仕事中は男になりたいと思うことが多いです(笑)

by さがちゃん (2009-12-13 01:33) 

michie

温泉では女性用は小さくて露天も無くってって事がたまにありますが、
ここでは逆転だったのですね。そんなに差をつけなくっても…と
思いますね。
男性用の「目もとにハリと潤いを与えてくれるアイクリーム」ってあるんですね。
ビックリ!です。
by michie (2009-12-14 01:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。