So-net無料ブログ作成

世界有数のリゾート、そして今…大手町の森に [-アマン東京]

いつになったら、この場所を訪れることができるだろう…

DSC04648.JPG

その第一歩を、今、自分の足で、この地から…






東京駅は、最近仕事でしか来ていないなぁ...

DSC03895.JPG

駅舎が綺麗になり、駅の周りもだいぶ整備されてきましたが、いつも慌ただしく目的地に向かうだけのことが多い自分、完全プライベートは本当に久々でした。

DSC03898.JPG

どちらかといえば、丸の内側でも新丸、丸ビル側に向かうことの多い自分ですが

DSC03900.JPG

今回はあまり足を向けることのない北側、大手町方面が目的地。
こちら側には、本当にお堅いビルしかないという印象なんだけど、次々と高いビルが建ち並び、あらためて「こんなだっけな?」という気になります。最近の東京周辺は開発ラッシュですね。どれが昔からで、どれが新しいのかも、正直よくわからなくなってきました。

さて、そんな中向かう先は

DSC03904.JPG

昨年出来たばかりの「大手町タワー」。
ここは、あの「みずほ銀行」本店の入っている場所...そうなんだ、お取引があまりないので、正直そんなことすら知りませんでした(^^;
ビルを見上げて「高いなぁ…」
でも、昨年、虎ノ門ヒルズやあべのハルカスに行っている自分としては、あまり驚くような感じでは本当はないんですけどね。

で、ご存知の方はおわかりでしょう。目的は銀行、なんぞではなく、

DSC03910.JPG

そう、AMAN TOKYO、アマンリゾーツがついに東京にやってきました!

スパの記事を書くようになってはや7年。
国内ばかりで、海外スパはいつ? という声もいただいていましたが、なかなか...という状況でした。

そんな海外スパの中でも、この「アマンリゾーツ」は、世界中の皆が憧れ、また、滞在した人は、また必ず訪れたくなるというスモール・ラグジュアリー・リゾート。
最初の写真の「アマンプリ」、タイのプーケットにその発祥の地として1988年に出来て以来、今では世界各地にその素晴らしいサービスを展開されています。

そのアマンが、日本に進出すると聞いたのは数年前、まだこのブログを定期的に更新している時期だったと思うんですが、ようやく今年(正確には昨年末にソフトオープンしていました)、ここ大手町にその雄姿を見せることになりました。
正直、ビジネス街、という印象しかないこのエリア。皇居の森がすぐ傍とはいえ、こうした場所にそのコンセプトをきちんと受け継ぐホテルが本当にできるものなのか。期待といくばくかの不安が交錯しながら、いざホテルへ向かいます。


DSC03909.JPG DSC03911.JPG

都道402号線側の入口。
銀行さんがメインの店子なので、セキュリティがかなり厳しく、「敷地内では写真は撮らないでください」とのこと。でも、敷地から出た一般道からであればOK、てのがよくわかりませんが。
右側に車寄せ、そして一般のエントランスとなる左側の入口から入り、進んだところで右手に「アマン東京」のエントランスがあります。(ここまでは、館内撮影なし、ですが、よほどでなければ「入って、歩いて、右」で間違いなくたどり着けます。ただ、ビジネス系の人が多いので、一般の商業ビルと比べて、入りづらさはあるかもしれません)

DSC04700.JPG

DSC04701.JPG

でも、タワーの裏側に回ると、こんな「緑の森」が小さいながらも出来ていたりします。
「大手町の森」と名付けられたこの場所、千葉の君津にこの森を創り出し、それを植生してこの地に根付かすという試みは、なかなか興味深いものがあります。

DSC04695.JPG DSC04699.JPG

この森の傍に、今年6月にアマンのカフェがオープンするそう。
そこもまた、どのような世界観になるのか、楽しみですね。

DSC04300.JPG

こちらは、車寄せ側からのエントランス。
パッと見た感じは、最近流行の都内の五つ星ホテルとあまり変わらない印象です。

DSC03916.JPG

1階にもフロントがあり、ここで来訪したゲストの情報を33階のメインフロアのスタッフに伝えています。
この時期、宿泊やレストランのゲストだけでなく、見学される方も相当多いようで、その対応も含め、けっこう慌ただしい感じでした。(なので、写真が中途半端)
ちなみに、アマン東京内では、他のゲストを写さなければ、写真を撮るのに特に注意はされません。
(どこのホテルでも、基本中の基本のマナーですが、最近はそういうのを無視して写真撮りまくっている人もけっこう多いですね。自分も、そのあたりは極力気を付けています)

DSC04298.JPG

壁面に掛けられたオブジェ。
この向かいに、33階への直行エレベーターが3基用意され、アマンの世界への入口となっています。

DSC04666.JPG DSC04664.JPG

エレベーターを降りて、フロントデスクを右手に見ながら、正面を見ると…

DSC04667.JPG

奥に広がる、アマン東京のエントランス!
開放感、たっぷりです。

いや、開放感たっぷりは、ここだけではわかりません。

DSC03925.JPG

これが、エントランスホール、33階の外観です!
吹き抜けを、全部で6フロア分。このホテルは大手町タワーの33階から38階までを使っているので、全てのフロアを吹き抜けているという、なんとも贅沢な造りです。
正直な話、写真では伝えきれない、広々感ですよ。

DSC03930.JPG DSC03928.JPG

フロント近くのスタッフさんが、こちらのソファに案内してくれ、ウェルカムドリンクの柚子ジュースを用意してくれました。

DSC04208.JPG

このエントランスホール、ここだけ見てると、ここが東京のど真ん中、と言われないとわからないですよね。
(窓の外を見なければ^^)


さて、ここまででも結構なボリュームになったこの記事。
今回、アマン東京を丸ごと1日!満喫してきましたので、次回から、その様子を少しづつ、順不同になると思いますがご紹介していきたいと思います。
(息切れしないよう、ゆっくりと更新していきます)

次回、何が出てくるか、お楽しみに!


(つづく)




アマン東京のご予約はこちらから


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 1

One-for-you

三◎ビルで朝からMtgで、午後①芝公園でMtgにて
手近でランチ1,000縁円と丸ビル、新マル迄移動しましたが
1,000円ランチは困難エリアでした^_^
時間あれば、八重洲地下か有楽町へ行きましたかね
でも、新マルの地下で880のランチ中華見つけました^_^
尚、新マル迄流れたので三田線で芝公園行きましたが
出口番号間違えに気づかず同系列のビルに入ったら
マンションのショールームでした
我に帰れば、首都高の北が目的地でしたが、南でした

ゆるり、と、ですね
自身は、三月〜四月の出来事、GWにまとめて、と、思います
五月は、中旬から離日数週間…でしょう
また、よろしく
by One-for-you (2015-04-27 00:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。