So-net無料ブログ作成

「きよらか」な水の力とともに…evian SPA TOKYO [-パレスホテル東京]

都会の喧騒の中で、負けてしまいそうなとき、

P1080620.JPG

きよらかな「水」と、やすらぎの「緑」に迎えられる世界で、
ひと時の「癒し」を堪能してみたくないですか?


(注:この記事は、2012年7月の体験記です。現在と異なる部分があることがありますので、あらかじめご了承ください)





久々のブログ再開ですが、これまで本ブログでご紹介してきたようなスパの体験やホテル宿泊は、前記事でも書いた通りここのところすっかりご無沙汰です。
しばらくは「雑記」、これまでの2年を振り返ってみようかなぁ…とも考えたのですが…

 一個、「書きかけ」の記事がありました!

2年前に建替オープンした東京丸の内の「パレスホテル」、そのオープン間もない時期に、同ホテルに誕生した「エビアン・スパ」を体験していました。
今読み返しても、それなりに(しんりゅうらしい)記事になっていました。
(書きかけでしたので、所々が中途半端でしたが)

というわけで、記事としてはかなり古いものの、今回この記事を久々の「スパ体験記」として、ご紹介します。



<ここからは、2012年当時の文章に、若干の加筆を加えたものになります>


本格的な記事を書くのが久しぶりなので、正直「緊張」してます(^^;

ずっと書きたい、という思いがありながら、日常の忙しさと、このブログのテーマである
「スパ」を通じた癒しを堪能する時間もないまま、長い時間が経ってしまいました。

前回記事で近況報告したとおり、日常は慌しく過ぎていましたが、皆さんに届けたい思いは決して変わることなく、ようやく記事を書いてみようという感覚が戻ってきました(…なのかな?)

お休み中にも、日本各地に新しいホテルや施設が次々とオープンしてましたが、そんな中、リニューアルオープンした「千代田区丸の内1-1-1」の場所にそびえ立つ「パレスホテル東京」内に、あの「エビアンスパ」が出来るというニュースを聞いたとき、

 「復活の場所はここしかない!」

と。(笑)


そして、2012年5月に開業してから2ヶ月、ようやく、時間ができ、足を運ぶことができました。


 ※あまりにしばらくぶりなので、過去のような「超深掘り」記事にはまだまだほど遠いと思いますが
  リハビリ期間中だと思って、温かい目でみてやってください(m_m)


P1080638.JPG

エビアン水は、もう皆さんお馴染みだと思いますが、フレンチアルプスの麓、レマン湖畔にある「エビアン・レ・バン」の地で採取された天然水。200年以上もの間、この自然の恵みを守るため、地元の方々が徹底的な環境保護に取り組み、今でも銘水として全世界の方に親しまれています。
また、この「エビアン・レ・バン」はスパリゾートとしても有名で、17万平方メートルの広大な敷地を有する「エビアンリゾート」は、ヨーロッパをはじめ世界各地から訪れる多くの方にとって、まさに「癒し」の場となっているそうです。
(もちろん、自分にとっても憧れ…いつか行けるのかな?)

そんなエビアンスパが、日本に初上陸!
海外でもあまり展開していないエビアンスパ。実は既に上海にオープンしていたのですが、今年の7月で閉店になるらしいので、アジアの中でも数限られた貴重なスパになること、間違いないですね。

スタッフの方に伺ったので、正確な情報かはわかりませんが、エビアンらしく、出店には「水」、そして「緑」を感じることのできる場所でないとオープンできないということらしいんですが、都内でもそんな場所ってそうそうないですよね…
そんな中、パレスホテルがリニューアルオープンするということで、皇居のお堀と、その周辺の緑を見渡せるこの場所が選ばれたとのことです。
トップに表示した写真は、スパエントランスを入った直後に飛び込んでくる光景。
なるほど、ビルが雑多に立ち並ぶ東京のど真ん中にありながらも、皇居を覆い囲う緑を正面に構える、まさにこのホテルだからこそ成し得ることができるわけです。

P1080617.JPG

(館内は許可をいただいて撮影しました)

「水」のイメージが少々足りないのは、このレセプションのアクアライトでカバーしているのでしょうね。
でも、これはかなりのインパクトにはなっています。透き通るような水のイメージを印象付けるには、このぐらいシンプルな方が良いのかも。

スパ施設内のカラーはクリアーな「白」を基調としており、そこに森をイメージしたウッド調のデザインと、エビアンのロゴカラーでもある「赤」を差し色に使った、非常にシンプルなデザインです。
都内のスパを色々見てきましたが、基本は「落ち着いた空間」を演出するためか、多くの施設はアースカラーをベースにしており、また、ライトもどちらかといえば少し落とし目にしており、全体的に暗めな印象の施設が多いような気がするのですが、このエビアンスパ東京は、エントランスホールに飛び込んでくる外の景色、そして白ベースの館内といったようにそれらとは真逆の「開放感」を演出しています。
リゾートならではのフレッシュな雰囲気を感じさせてくれるエビアンスパ東京、施設イメージは個人的には非常に好みです♪

P1080618.JPG

エビアンボトルがシンプルに並んだだけですが、余計な演出はいらないですね!

今回は直前、当日の予約だったので、空きがあるかどうか心配していましたが、何とか夕方に50分のトリートメントを入れることができました。
スパ施設内のトリートメントルームは5室で、これとは別に2人が同時に施術できるスパスイートがあるそうです。
スイートには当然の如くバスタブも付いていて、何とも贅沢な時間を味わえそうですが、それが故に、か、スイートルームは同性同士のみ利用化で、カップルでは利用できないとのこと…ちょっと残念ですね。女性のお友達同士で、是非体験してみてください。(男性同士も可、らしいけど、遠慮しときます^^;)

レセプションでカルテに記入(持病等がなければ、記入はごくごく簡単)、その後、右手にあるロッカールームへ案内されます。

ロッカールームも、白木をベースとした非常に清潔感ある雰囲気。

男性用のこのエリアには、シャワーブースが3つ、広々としたバスに、ジャグジー付き寝湯が2人分、そしてドライサウナが用意されていて、トリートメント前にここで身体を温め、ゆったりと過ごせるようになっています。(アナウンスでは、トリートメントの45分前来店が推奨されてます)

P1080627.JPG

さて、トリートメントの内容です。

<エビアン ジャーニー>

エビアンスパ東京のトリートメントメニューは、エビアンウォーターの誕生のプロセスである「エビアンジャーニー」をモチーフにしています。曰く

 ・天からのひとしずく-Celestial (天から降りそそいだ恵みの雨が…)
 ・大地と海をめぐる旅-Mineral (大自然の中でミネラルバランスを整え、地中深くにたくわえられ…)
 ・自然の生み出した奇跡-Precious (その中から、偶然によって生まれたひとしずくが…)
 ・生命の源-Vitalising (生き物たちのもとに、いのちの水となって湧き出てくる)

と、この間15年。
深いな…

この4つのエクスペリエンスをメニューのベースにしていて、フェイシャル、ボディセラピーなど、それぞれのコースには「Celestial」「Mineral」「Precious」「Vitalising」の4種類のメニューが用意されています。
(予約する時には、全くといっていいぐらい気にしてなかったんですが、あらためてメニュー表をみてると「なるほど…」と感じることしきり、でした

そんな中、この日チョイスしたのは「Vitalising Signature(バイタライジング シグニチャー)」
シグニチャーとは、そのスパが最も勧める自信のメニューなわけですが、このバイタライジング シグニチャー、オイルによるマッサージを基本としつつ、そこに整体をプラスした、日本オリジナルのメニューとなっています。

セラピストのDさんに案内されて、トリートメントルームへ。
部屋へ続く廊下も白を基調としており、ちょっと眩しいくらい。
案内されたお部屋も、基本は「白」と「ウッド」。ベッドの奥にはアクアに染まった、まるで水槽のような壁。そして、コンサルテーションのチェアは「赤」。
何度も繰り返すようですが、水の持つイメージをシンプルに表現した、自分好みのお部屋となっていました。
そういえば、エビアンのふるさと、フランスの国旗は「トリコロール」でしたね…

カウンセリングで、例の如く「頭から腰まで、凝りがひどくて…」と伝え(1年半前から、何にも変わってません。むしろ、年々ひどくなっていたりします^^;)、ベッドに仰向けになって、メニューがスタート。

最初はタオルの上から、身体のパーツひとつひとつにしっかりと「圧」をかけ、歪んだ(?)身体を整えていきます。
まさに「整体」…
日本人だからか、そして、普段からマッサージで常に身体を整えてもらっている自分としては、非常に馴染みある施術なんだけど、欧米からのゲストにとっては、やはり新鮮なんでしょうか?手のひらを主に使い、ゆったりとしたストロークがベースの欧米式マッサージとはかなり違います。
ただ、全世界的にストレス社会進行度が増している今の時代、欧米のゲストにとってもこうした施術は非常に人気があるらしく、日本オリジナルという理由だけでなく支持されているみたいですね。

自分は、といえば、元々強めの圧が好みなだけでなく、身体の凝りが半端ないだけに、
 「うーん、効く~」(声には出してませんよ 笑)

足から始まり、うつ伏せになって肩、背中、腰としっかりバランスを整えてもらい、その後、オイルを使いながら、さらに深くマッサージ。すると、あっという間に身体の中にとどまっていた「凝り」が「コリコリ」っと音を立てるかのように浮かびあがってきます。

普通の整体でも十分効くんだけど、オイルマッサージが加わることで、深底に眠っていた凝りが浮き彫りになっていき、これが流されることによって、身体の中の疲れが飛んでいく、そんな感じですね~
(もっとも、今の自分は、この程度だと、あっという間に数日で元に戻ってしまうので、ホントに飛ばしてしまうためには、数日連続して受け続けないとダメだったりするんですが…)

とにもかくにも、50分はあっという間に過ぎ、心地よい空気の中、トリートメントは終了しました。

P1080676.JPG

終わった後には、こちらのチェアでしばしゆったり。
施術前にもこの部屋でウェイティング、となるんですが、ここも赤いチェアが非常に印象的。
そして、お部屋にはもちろん「エビアン水」が用意されています。

P1080632.JPG

終わった頃にはすっかり日が暮れて、窓越しの夜景と、フロントに照らされたエビアンブルーがいい雰囲気を出しています。

P1080634.JPG

都会の中での、荒々しい時間をしばし忘れ、ゆったりとしたこの空間で、
また最高の「エクスペリエンス」を感じたいですね(^^



<…ここから、現在に戻ります…>

というわけで、久々のスパ記事でした。
相変わらず「文章がくどい」感は否めませんが、自分らしい記事だなぁ、と思いました。

あれから2年経ちましたが、エビアンスパのメニューは今も基本変わらずのようです。
記事は「色あせて」いないようで、よかった~

これから先、このような感じの記事が書けるようになるかどうか…
成長しているのか、していないのか(笑)、これからの自分にご期待いただければ、と思います。


ちなみに、以前からの読者の皆さんなら、必ず
「で、泊まったんでしょ?」
てな感想をお持ちだと思いますが…BINGO!です。

宿泊もしていますが、この時の天気はあまり思わしくなく、写真もいまいち、な感じだったりするのです…

なので、またその記事もご紹介したいとは思いますが、近々、「気持ちのいい天気」が見込めそうな時に、またリベンジできればなぁ、と思ったりしてます。
もちろん、スパもまた行きたいので、その時をお楽しみに!



パレスホテル東京のご予約はこちらから


nice!(14)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 9

ゆうみ

スパええなぁ
この頃 山籠もりばかりなので都会の風にあたりながら全身トリートメントしてもらいたいわ
by ゆうみ (2014-05-10 00:46) 

みち

整体+オイルマッサージ、気持ち良さそうですね。
ヨガでも体を整えられますが、私も翌日には元に戻ってしまいます(><)
東京に住んでいながら、東京のホテルに泊まるのは
最高の贅沢ですね!
by みち (2014-05-11 00:32) 

baby_pink

もう・・本当に気持ちよさそう。。✿
心も身体の凝りもほぐれて、スーって解放された感じなのかなぁ~^^
って想像しています。
終わる頃には東京の夜景に更に癒され、素敵な気分に包まれて・・。
日頃、一生懸命お仕事がんばっているんですものね。
癒しタイムはとても大事ですよね。
私も、凝りが酷いので、どうしかしなくちゃ~。泣
by baby_pink (2014-05-12 17:48) 

アイスエア

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
ブログ更新しようとして気付きました。
遅くなりすみません。

夜の雰囲気が素敵ですね。
カウンターのブルーが癒されます。

今後の更新楽しみにしています。
by アイスエア (2014-05-17 01:04) 

One-for-you

明日、エイビアン買ってきます^_^
ストレスとの戦いも、何処かで折り合いつけながら
余裕を持ちたいですねw
by One-for-you (2014-05-17 20:51) 

おっき~もスパ!

しんりゅうさん、はじめまして。
普段はスポーツクラブのスパでがまんがまんのおっき~です。
ところでスパ・ウェルネスウィークというのはご存知ですか?
今年は2月中旬から1か月間ほど開催されました。
私は娘と3月にリッツ大阪でキャンペーンのフットマッサージを受け
利用者アンケートで石川県のべにや無何有の(ペア)スパ招待券があたりました。
しんりゅうさんどちらも行かれてますね。体験記たいへん参考になりました。またどこかに行かれることありましたら、載せてくださいね。
by おっき~もスパ! (2014-05-22 15:10) 

chunta

なかなか 自由がきかなくなって
自分も ブログを休みがち
忙しいお年頃ってトコでしょうかね  笑

しんりゅう様も お身体に気を付けて・・・・
by chunta (2014-05-25 23:51) 

あやっぴぃ

お久しぶりです。
しんりゅうさんのスパ記事!久しぶりに読みました~。
しかも、私にとって思い出深い(リニューアルしましたが)東京パレスホテル!
19年前、旧パレスで結婚式を挙げたのです・・・。
ここ1年で、我が家も変化がありましたが、しんりゅうさんもお忙しかったのですね。
昨年変わってから初めてパレスを見にゆきましたが、皇居の眺めが懐かしかったです~♪
お忙しい日々で大変ですが、お体に気を付けてくださいね。
by あやっぴぃ (2014-05-27 16:46) 

しんりゅう

>ゆうみさん
山籠もりも色々とおありでしょうが、
機会があれば、都会の風を是非感じてみてください!
ご紹介させていただきますよ^^

>みちさん
身体が簡単には回復しない年齢になってしまいました~(><)
整体とオイルって、うまく組み合わせるといい感じにリラックスでき、
身体の調子も戻るので、またやりたいです。
東京にいながら東京でステイ、も、気づかない発見があると思います。
機会があれば、是非に!

>baby_pinkさん
凝りの酷いのは辛いですよね…
ホテルに限らず、最近は街中にもいい癒しスポットがどんどん増えているようですから、是非ひと時の癒しを体感してみてくださいね♪
きっと、スーっと、気持ちが軟らかくなっていきますよ。

>アイスエアさん
ご無沙汰しています。トラックバック、ありがとうございます!
これからも、是非よろしくお願いしますね^^
このカウンターのブルーと、夜の雰囲気の感じは自分も好きです。
また、訪れたいなぁ、ってホントに思います。

>One-for-youさん
エビアンは、気軽にチョイスできて、でも、爽やかな気分にしてくれる、
まさに「命の水」ですね!(大げさ? 笑)
ストレス社会といわれて久しいですが、だからこそ
どこかに余裕を持てるようになりたいですね!

>おっきーもスパ!さん
はじめまして!ご訪問とコメント、ありがとうございます!
スパ・ウエルネスウイーク、このブログ休みの間にやっていたんですね。
まったくノーマークでした。
アンケートでべにや無何有が当たった!とは羨ましいですね。
これから行かれるのでしょうか?であれば、少しでも自分の記事が
参考になればと思います。
今後とも、よろしくお願いします!

>chuntaさん
大変ご無沙汰です。お元気そうで、何よりです!
chuntaさんもお忙しいお年頃、ご子息様も成長されて、さらに色々と
ご苦労もおありでしょうが、お互い、頑張りましょうね!
たまにはゆっくり、リラックス、でいきましょう♪

>あやっぴぃさん
本当にご無沙汰してます。お元気ですか~?
ご子息様も成長されて、さらに変化も色々とおありの中、あやっぴぃさんも大変かと思いますが、また是非いらしてください。
パレスホテル、そうですよね!そういえば、そんなお話があったのを
思い出しましたよ!
建物は変わっても、皇居はじめ、あたりの雰囲気はそのまま、
また、思い出振り返りにいらしてみてください!
お互い身体に気を付けて、頑張りましょうね^^
by しんりゅう (2014-05-28 23:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。