So-net無料ブログ作成

ペニンシュラ東京ESPAでトリートメント(2009.10) [-ペニンシュラ東京]

このブログは、昨年以来、ホテルを中心としたスパトリートメントの記事を中心にお届けしてきました。
最初は月イチぐらいでゆっくり堪能できれば…と思っていたんですが、気がついたら「月2」かそれ以上のペースで都内あちこちのスパにお邪魔していました。(最近は全然ですが…)

なので、都内の主だったスパ施設のご紹介はほぼ済んでしまっているような状況です。
ここペニンシュラ東京のSPAも昨年、そして今年の1月にたっぷりとお届けしちゃっています。

で、今年の10月、何かが変わったかというと…ほとんど何も変わっていません。
なので、施設の詳しいご紹介は今年の1月に体験したこちらのリンクでご覧頂ければと思います。

 ザ・ペニンシュラ東京スパbyESPAでリフレッシュ!(1) ※スパエントランス、ロッカールーム編
 ザ・ペニンシュラ東京スパbyESPAでリフレッシュ!(2) ※サーマルスイート、リラクゼーションルーム編
 ザ・ペニンシュラ東京スパbyESPAでリフレッシュ!(3) ※トリートメント編

参考までに、施設全般の感想は…といえば、これも前回と変わらず、です。
相変わらずサーマルスイートの使い勝手がいま一つ物足りないなぁ…っと。

(ここからの写真は、一部前回体験時のものを使っています。)

IMG_6591.JPG

(一般ゲスト用エレベーター側からの入り口。ESPAプロダクツを眺めながら、スパのレセプションへの入り口。一番最初に来たときは、けっこうドキドキしましたね。)

20時過ぎにレセプションへ向かい、21時の開始までの間は、サーマルスイート(温浴施設)で身体を温めます。
といっても、ここの温浴施設には、一番欲しいと思っている「お風呂」がないので、サウナやシャワーで身体を温めることしかできません。

IMG_6609.JPG

(この写真は、サーマルスイート内の「アイスファウンテン」、クラッシュされた氷がここに溜まってます。温浴には「温」と「冷」を交互に行うのが良いとされているので、ほてった身体を冷やすために用意されてるんですが…実際、使うことはあまりありません^^;)


どうしても温かいお湯に浸かりたいということで、今回は通常の外来では利用できないプール内のジャクージに行ってみることにしました。(水着はあらかじめ準備済、用意周到^^)

プールサイドにあるこのジャクージ、泳いだ後に身体を休める目的であるので、こういう使い方にはあまり適していないかもしれませんが、それでも40度近くあるバブルのお湯にのんびり浸かると、「ああ、日本人♪」、やっぱり癒されます^^
(プールの記事はこの後に出てきます。なので、お写真はなしです。)


ジャクージ入って、ミストサウナでちょっと温まって、こちらのリラクゼーションルームでひと休み。

IMG_6651.JPG IMG_6649.JPG

実際の室内はもっと照度が落ちていて、かなり落ち着いた雰囲気になっています。
最終前ということもあって、ゲストは誰もいなく、ひとりのんびりとセラピストさんのお迎えを待ちます。
そういえば、と思い、左写真奥の棚の左側にある冷蔵庫に向かい、ペニンシュラブティックの100%フルーツジュースを取り出そうと思ったら…
以前1月には350mlぐらいの大きさだったボトルが、「200ml」に格下げされてました…
何も変わっていないようで、実は小さなところが何気にレベルダウンされている…不況の影が垣間見えた瞬間でした。

この後、セラピストさんのお迎えで、トリートメントルームNo.7へ入り、50分のボディマッサージトリートメントの開始です。
(自分にとっては)非常に短い時間なので、もう今回は重点的に「上半身」のケアをお願いすることにしました。
Soothing Oilをチョイスし(これ、お疲れが相当堪っている人が直感的に選ぶオイルのようです。アロマは正直ですね^^;)、仰向けになってのヘッドスカルプマッサージから開始。
頭と手をマッサージしてもらい、その後はうつ伏せになって、腰から上の上半身を念入りにほぐしてもらいました。

相当疲れがたまっていたんでしょう、うつ伏せになってからはものの数分で陥落…
気がついたら「これにて終了です」のお声がかかってしまいました。

最近マッサージを受ける頻度が落ちているのに反比例して疲れのレベルは上がっているので、陥落率が相当に高くなってます。セラピーレポーターとしては失格ですね…
初心に帰らねば!

そんな気持ちいいトリートメントを堪能し、レセプションでお願いしていたブツを受け取り(何かは別の記事でご紹介します)、
そのままエレベーターで21階のお部屋まで戻りました。この時間になるとほぼ全てのゲストは宿泊客、他にいた女性のペアの方もバスローブでリラックス状態です。

(実は、今回スパエリアに行くのに、カメラは一切持って行きませんでした!というか、もって行くのを忘れてたし…まあ、リラックスするためなんだからいいか^^)



部屋に戻って、外の様子を眺めてみると、

P1020103.jpg

雨が降ってます!窓ガラスにも水滴が付いていて、路面はかなり濡れてました。
この日東京は夕方から局地的な雷雨にみまわれた日でした。
そんな外の世界とは無縁のこのホテルで、スパの余韻に浸りながら、寝るまでの時間を過ごします。

P1020088.jpg P1020089.jpg

ベッドルームでは、ターンダウンが終わって、ベッドカバーが外されてました。
枕元にはミネラルウォーターが。ここは、チョコレートはないみたいです^^;

P1020081.jpg

そのまま、ベッドルームからバスルームに直行し、お風呂での「リラクゼーションタイム第二弾」に突入です!

P1020108.jpg P1020106.jpg

お湯の噴出口が何とも風情な♪
ここからは、例の「SPA」ボタンを活用し、照明を落としムードある音楽を聴きながらしばし余韻に浸ります。
薄暗いのでサービスショットぐらいは…
ごめんなさい、そこまではさすがに(笑)


P1020113.jpg

たっぷり30分ぐらいバスタイムを満喫した後、バスローブを羽織ってこのリビングルームに。
ワインを開けてしまおうかとも思いましたが、たぶんそんなに飲まずに終わってしまいそうだったので、貧乏性な自分はあらかじめ買ってあったスーパードライで喉を潤しました~♪

P1020115.jpg

風呂上りにこういうソファにもたれながら、余計なことを考えずに寛ぐ…
毎日こんな生活が出来たら、幸せだろうなぁ、って思いながら。


P1020122.jpg

そして、12時を回った頃、ベッドルームに戻り、今度はベッドの中でしばしグダグダです。

P1020124.jpg

ベッドサイドのコントロールパネルはカーテンの開閉、照明切り替えからエアコン温度調節、さらにはインターネットラジオの設定まで可能になってます。TVリモコンもすぐ横においてあるので、ベッドから動く必要は全くなしです。
ちなみに、温度調節以外に、ペニンシュラでは湿度の調節もスイッチひとつでできるようになってます。このあたり、特に女性の皆さんにとっては嬉しい限りですよね。

P1020121.jpg

そして、恒例のお休みスタイル!(^^
浴衣の帯が本格的な広幅タイプで、正直何度やっても上手くいかない…
撮影用に表側だけそれっぽくさせてみましたが、よくみるとかなりいい加減な絞め方ですね^^;
(今度、浴衣の着付けを勉強しなければ…)

ということで、最後にお見苦しい写真を載せてしまいましたが…
本日はこれまで!おやすみなさ~い♪



(つづく)

ザ・ペニンシュラ東京のご予約はこちらから
※この上のリンク(一休.com)で、11/11まで7日間限定の特別プラン、デラックスルーム35,000円のステイが販売されてます。(スイートではありませんが)ご興味のある方は是非覗いてみてください!


nice!(35)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 35

コメント 14

sak

素敵な1日の終わりですね
一度でいいからこんなに素敵な時間過ごしてみたい♪
by sak (2009-11-09 01:48) 

gyaro

この微妙な優しい明るさがまさに癒しですね~☆
12月は旅行へ行くので、過去記事も参考にさせていただきます^^
by gyaro (2009-11-09 03:40) 

ram

リビングの感じよいですね~!
くつろげそうですね~!
by ram (2009-11-09 05:16) 

ムク

おはようございます。
行きたいなーってムズムズしてきました~(^^)
by ムク (2009-11-09 08:17) 

chunta

劇的な変化があってのスパ
そう思ってたので・・・・
純粋に宿泊スパをお楽しみでしたか 笑
それはソレで リラックス出来るね
無理にブログのために新しいことしないでも
「楽しかった~」で良いのですよ  (^^)ニコ
by chunta (2009-11-09 13:04) 

ゆうみ

しんりゅうさんの浴衣にあってるね。
こういうとこへ 泊まってみたいと心底思います。
by ゆうみ (2009-11-09 14:14) 

ホタルの館

コントローラーパネルがとても洒落ていますね(*^_^*)
by ホタルの館 (2009-11-09 16:57) 

baby_pink

リラクゼーションルームとっても落ち着けそうな雰囲気ですね..。
私の場合、座った途端に寝ちゃいそうです(>_<)
リビングルームもすごく落ち着きあって少しアルコールを頂きながら
しばし大人トークを楽しみたくなるなぁ。。
しんりゅうさんの日本人でよかったぁ。の言葉・・・とってもわかります ^^
やっぱり、温かいお風呂は日本人ならではのリラクゼーションタイムですよね♪
浴衣も似合ってますよ~~ ✿
by baby_pink (2009-11-09 20:40) 

こうちゃん

制覇してしまったんですね。
凄いねぇ。
by こうちゃん (2009-11-09 22:33) 

雅

一年に一度くらい、こういう贅沢をしてみたいもんですね。
by (2009-11-09 22:53) 

たかれろ

浴衣が似合いますね~♪
by たかれろ (2009-11-10 00:00) 

gorosan5670

外は雨、こんなに居心地がいいと、
雷雨なんて気になりませんね。
バスタブも素敵で、リビングも素敵です。
泊ってみたいですね。

by gorosan5670 (2009-11-10 00:25) 

pica

こんな贅沢ができない私は、師匠のホテル記事で
妄想するしかありません(^_^;)
by pica (2009-11-10 01:49) 

しんりゅう

みなさん、ご訪問、nice!&コメント、ありがとうございます!
スパブログなのに、これまでの中でも最も「あっさり」した記事になってしまったかも
しれません。あっさり味はチャーハンだけで十分ですよね^^;
でも、既に3回目で、しかもいつもと違い、非常にベーシックな短いプランを堪能したので
ある意味これは仕方なかったかも…
ちなみに、50分のコースはステイゲストだけのものなので、あしからず。

まとめレスを…
そう、上にも書きましたが、たまには「良かった~」の感想、だけでもいいですよね^^;
実際、クローズ時間の前にスパすると、もう溜まっていた疲れがどっと取れる感じで、
正直昼間に受けるスパと違い、確実にテンションは「リラックス~」状態、
なかなか普段の自分らしい記事がかけないこと、お許しください!

リビングの感じ、ソファのところを上手く撮りたかったんですが…いい写真があまり
ありませんでした。
カーテンをクローズして、外の空気を遮断すると、また違った感じがして良かったです!

そして、浴衣姿…
褒めてくださって嬉しいです^^
でも、帯が本格的なのにはちょっと困ったかも…
あれ、外国ゲストの方は面白い!と思って着てみるのでしょうが、
「浴衣の羽織り方」を絵付きで解説したものがあっても良いのでは?と思いました。
実際、この写真の裏側は「メチャクチャ」なことになってますよ^^;

最後に、この記事で「行った気になる」「妄想する(笑)」、大歓迎です!
そういう気分を味わってもらいたいので、多少脚色しているところもあったりして(笑)
あ、といっても、「嘘」は書いてませんので、ご心配なくです!
by しんりゅう (2009-11-22 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。