So-net無料ブログ作成

コンラッド東京「水月スパ」体験記-2 [-コンラッド東京]

トリートメントは、まずうつ伏せ状態からのボディマッサージで始まります。このプランは、フットリチュアル(足湯)はついていなかったのがちょっと残念でした。

腰から背中、肩と順に丁寧かつ優しいマッサージが続いていきます。いつものことですが、この瞬間はやはり心地いいですね。左足、右足と順番にマッサージされながら、ついうとうと(決して寝てはいませんが)してしまいます。

仰向けになり、再び手、おなか、デコルテと進んでいくマッサージ。ただ、今日はその前に食べ過ぎていたために、時折お腹がごろごろ鳴ってしまうのがちょっとはずかしかったです。

その後、仰向けの状態のまま、いよいよフェイシャルへ。おそらくですが、時間は丁度半々ぐらいたった頃だと思います。

フェイシャルはまずクレンジングから始まりました。その後、スクラブを行い、保湿の後は、先ほどのフェイシャルオイルを使ったフェイスマッサージ。
このフェイスマッサージがとても気持ちよかったー!オイルを使う顔のマッサージを受けたのは初めて(だったと思います)でしたが、ボディ同様、オイルの感触、匂いと人の手による優しいマッサージが顔の疲れをとってくれる、そんな感じでした。
その後は、顔のパック。そして、パック中はしっかりとヘッドマッサージをしてもらいました。
「頭、堅いですね」「そうなんですよ」なんていいながら、しばしパックをしたままリラックスしてマッサージを受け、今日のトリートメント(120分)終了です。

フェイシャルは本当に久々だったのですが、やってもらうと全然違いますね。一番変わるのが「顔のくすみが取れているのがはっきりわかること」。
普段からある程度きちんと顔の手入れをやっていれば、極端に変わることはないと思っていましたが、やはりプロの手にかかると、手入れが怠っているところまできちんとケアしてくれるんでしょうね。
ほんのきもち、顔もシャープになった?

なお、フェイシャルのコスメはドイツのブランド「ドクター・スピラー」のものを使っていますが、先ほどのオイルは昨日も書いたとおりここのオリジナル。希望すれば、その効能や使用法を書いたミニパンフを渡してくれます。

今日のトリートメントルームは、通常の個室(ドアに「six」と書かれてました)でしたが、よく雑誌やホームページで紹介されているスイートルームを一度見てみたい、と思い、Kさんに見れますか?とお願いしたら、閉館時間だったからでしょう、快く案内してくれました(笑)



二人分のトリートメントベッドに、檜風呂!かなりのゆとりがあり、非常に気分良さそう!
高層階ホテルスパの真髄である「部屋からの眺め」は、シティルーム側のために前に電通ビルがデン!とそびえており、必ずしも満足いくものではありませんが、雰囲気を楽しむだけでも十分かと思います。

もう閉館時間なのに、この後入口そばにあるスパグッズを案内してくれたり、最後まで本当に嬉しかったです。Kさん、ありがとう!

コンラッド東京のご予約はこちらから


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。