SSブログ

マンダリン・オリエンタルのスパ体験記-1 [-マンダリン・オリエンタル東京]

昨日の株安、円高にはびっくりしました。それなりに損もしてしまっているので、こんな状態が続くとそのうちスパ巡りなんて夢のまた夢になってしまうかも…(恐)

というわけで、それはさておき、先月行ったマンダリン・オリエンタル東京(以下MOとさせていただきます)の「The Spa」体験を書かせていただきます。
(注:自分は男性ですので、記載されている内容はあくまで「男目線」となっております。施設が男女別になっているものについては、女性の方は参考程度にとどめておいてください)

当日はもう12月で結構寒い中、朝の10時半頃に日本橋につき、そのまま三越周辺をぶらぶらしながらMOへ向かいました。最近の外資系ホテルは、一見するとどこが入り口かわからないことが多く、自分もうろうろしてしまいましたが、正面玄関から入り、そのまま脇にあるエレベーターで38階へ向かいました。MOのスパは37階にあるのですが、一度フロントのある38階を経由しないとひとつ下の37階へは行けないのです。

37階を降りるとすぐ正面がMOのThe Spaフロントです。すぐに受付の女性がソファに案内してくれ、ウェルカムドリンク(4種のハーブティーから選べます。自分は「レモングラス」をいただきました)をいただきながら、シートに記入。その後、その場でサンダルに履き替えさせてくれます。リラックスできるように、とのことでしたが、自分はこの時「靴下は履いたままがいいのか、脱いだほうがいいのか」なんて変なことを考えてしまい、結局靴下をその場で脱いで靴の中に入れてしまいました。後で考えたら、別にサンダルだからといって脱ぐ必要はなかったですね。

ちなみに、ウェイティングのソファは受付の様子等が見えない位置に配置されていますが、フロントからはこちらの様子が伺えるつくりになっているようで、実にいいタイミングで声をかけてくれます。

その後、案内されて更衣室(もちろん男性用)へ。更衣室内でロッカーや「ヒート&ウォーターエリア」の説明を受けました。



鍵は今は標準の暗証番号式です。ロッカー内にはガウンとバスタオル、そしてアメニティ一式(コットン、使い捨て剃刀、ブラシ、ローション等)が箱に入ってセットされています。
ちなみに、海外のスパは基本「何もつけない」が標準と聞いておりますが、こちらのスパも使い捨て下着などの用意はありませんでした。国内のスパは下着をつけないことに抵抗ある人が多い日本人にあわせ、大抵が使い捨て下着を用意しているのですが、ありませんとのこと。スパのメニューにもよると思いますが、全くの全裸が初めてだった自分にとっては、ちょい抵抗がありました。
(去年自分が利用した他のスパは、全て用意されていました)

実は、スパの予約時間が12時からで、今の時間はちょうど11時。1時間も早く来たのは、前述した「ヒート&ウォーターエリア」でのリラックスタイムを過ごすため。噂に聞いていたこのエリアがどのようなものなのか…

すいません、この続きは次回に。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。